top of page

西洋草花図譜 秋冬之部

著者は、谷上廣南。 明治12年(1879年)~昭和3年(1928年) 京都画壇の大家 鈴木松年の高弟 湯川松堂に認められ花鳥画で特異な境地を開きました。


後に染織図案家(染織デザイナー)とした活躍。 大正14年(1925年)大阪図案家協会の設立発起人の一人。 大正初期は、欧米の珍らしい花卉の輸入や外来園芸種の洋花が一般的な観賞花になりつつあり、『西洋草花図譜』は、こうした時代背景の中、大正6年5月に全5帖の木版画集として芸艸堂から刊行されました。 全125の図版に160余の洋花が描かれており、大型で色鮮やかな花卉が集合したユニークな画集です。


(花名は図譜左右下段に記載あり)





谷上広南 筆『西洋草花図譜』秋冬之部,芸艸堂,大正6.

国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/pid/1185016



























bottom of page