top of page
  • noteのアイコン
  • Instagram

日本の植物学の基礎を築いた人物の一人である三好学の花菖蒲図譜

著者は、明治・大正・昭和時代の植物学者・三好学(文久元年(1862)~昭和14年(1939))。


桜と花菖蒲の研究に関しての第一人者として知られています。天然記念物の概念を日本に広めた先駆者であり、希少植物の保存活動に尽力しました。





三好学 著『花菖蒲図譜』1,芸艸堂,大正11.

国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/pid/12395148





三好学 著『花菖蒲図譜』2,芸艸堂,大正11.

国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/pid/12395149





三好学 著『花菖蒲図譜』3,芸艸堂,大正11.

国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/pid/12395150






三好学 著『花菖蒲図譜』4,芸艸堂,大正11.

国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/pid/12395151











Comments


bottom of page